HOME>オススメ情報>取得や賃貸では金銭問題は抜かりなくチェック

未公開も紹介される

マンションの模型

城陽市の不動産についてリサーチするにしても、チラシやネットを利用するでしょう。「この不動産会社は良さそう」と感じたり、店舗で「この担当者なら信頼できそう」だと感じたら、会員登録やお客様情報の登録をしましょう。例えば、未公開物件でも「会員への情報配信は広告ではない」と解釈されているので、希望する物件情報をいち早く知らせてもらえます。会員登録をすると、物件情報の提供、未公開物件も含めた自社サイトでの検索と閲覧、閲覧履歴の記録などのメリットがあります。なかでも、各種資料の入手は無料請求できるので、比較・検討するための材料集めに利用しましょう。また、セミナーや勉強会への招待なども行なわれているのも知っておきたい情報でしょう。

内容をチェック

城陽市の不動産を取得するとして、マナー・ルールは、購入とお金の流れを確認し、決して生活での負担になる借入(融資)をしないことです。また、手付け金については、「気に入った物件がすぐに売れてしまうのではないのか」と、焦る気持ちも分かります。特に、これまでに気に入った物件を買い逃しているならなおさらです。しかし、このような心理状態のときこそ、慎重に対応しましょう。コレは手付金に限っての話しではないものの、性質を理解しないまま急いで契約をしないこと、契約と解約内容をしっかり理解しないと思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

お金にまつわる内容

不動産といっても、城陽市には新築とは違って中古住宅からマンションの購入の際に、リフォームローンを同時に組むケースもあります。しっかりした資金計画が必要ですが、それだけでなく、新築と中古では賃貸においても取得においても、諸費用が大きく違います。例えば、新築では修繕積立基金がありますが、中古では不動産会社への仲介手数料がかかります。金額に差が出るものとしては、ほかに、税金の軽減差を利用する場合の適合証明書の交付手数料などがあります。書類やローンに関しては、司法書士や税理士もサポートしてくれますから相談しましょう。

広告募集中